×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お好み焼き

現地(げんち)で鉄板(てっぱん)が用意(ようい)できる場合(ばあい)は、是非(ぜひ)、お好み焼き(おこのみやき)を目の前(めのまえ)で焼き(やき)ながら召し上がっ(めしあがっ)てください。具材(ぐざい)は自由(じゆう)、牛肉(ぎゅうにく)、エビ、ベーコン、イカ・・・なんでもOK!わいわいいいながら自分たち(じぶんたち)の手(て)で焼い(やい)たお好み焼き(おこのみやき)を切り分け(きりわけ)ていただくときのおいしさは最高(さいこう)です。牛乳(ぎゅうにゅう)を入れ(いれ)た特性(とくせい)のタネです。ふんわりと仕上がり(しあがり)ます。鉄板(てっぱん)をつかったアウトドア料理(りょうり)レシピ お好み焼き(おこのみやき)◆材料(ざいりょう)(4人分(にんぶん))*タネ・牛乳(ぎゅうにゅう)・・・2カップ・卵(たまご)・・・2個(こ)・小麦粉(こむぎこ)・・・4カップ・キャベツ・・・4枚(まい)・ベーコン・・・16枚(まい)*A基本(きほん)の具材(ぐざい)・牛肉(ぎゅうにく)(薄切り(うすぎり))・・・200g・大正エビ(たいしょうえび)・・・8尾(び)・イカ・・・1杯(ぱい)*Bそのほかあると嬉しい(うれしい)具材(ぐざい)・中華(ちゅうか)蒸し(むし)そば・・・2玉(たま)・ニンジン・・・1/2本(ほん)・ピーマン・・・2個(こ)・もやし・・・100g*ソース・トマトケチャップ・・・1/2カップ・ウスターソース・・・1/3カップ・カレー粉(かれーこ)・・・大さじ(おおさじ)1*必要(ひつよう)な調理用(ちょうりよう)具(ぐ)・・・鉄板(てっぱん)<つくり方(つくりかた)>◆下ごしらえ(したごしらえ)1.ボウルに牛乳(ぎゅうにゅう)、卵(たまご)を入れて(いれて)よく混ぜ(まぜ)、小麦粉(こむぎこ)を少しずつ(すこしずつ)入れて(いれて)混ぜ(まぜ)て、基本(きほん)のタネを作り(つくり)ます。2.キャベツはせん切り(せんぎり)に、ベーコンもせん切り(せんぎり)にします。ニンジン、ピーマンは細切り(こまぎり)に、もやしは洗っ(あらっ)て水気(みずけ)を切り(きり)ます。3.1に2を加え(くわえ)て、タネの出来上がり(できあがり)。4. 牛肉(ぎゅうにく)は横(よこ)二つ(ふたつ)に切り(きり)ます。エビは背(せ)わたを除い(のぞい)て殻(から)をむきます。イカはわたを抜い(ぬい)て皮(かわ)をむき、2センチ幅(はば)の長方形(ちょうほうけい)に切り(きり)ます。◆調理(ちょうり)5.それぞれの具材(ぐざい)で焼い(やい)ていきます。基本(きほん)の具材(ぐざい)Aからお好み(おこのみ)のものと1つ選び(えらび)ます。鉄板(てっぱん)に油(あぶら)を薄く(うすく)塗り(ぬり)、3のタネを流し(ながし)、Aの具材(ぐざい)をのせて焼き(やき)、ソースをつけていただきます。

アウトドア 料理 レシピ

現地で鉄板が用意できる場合は、是非、お好み焼きを目の前で焼きながら召し上がってください。具材は自由、牛肉、エビ、ベーコン、イカ・・・なんでもOK!わいわいいいながら自分たちの手で焼いたお好み焼きを切り分けていただくときのおいしさは最高です。

アウトドア 料理 レシピ