×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ツナ缶のカナッペ

アウトドア料理(りょうり)では、缶詰(かんづめ)をうまく利用(りよう)して、手間(てま)と時間(じかん)を省き(はぶき)ましょう。ツナ缶(かん)はそのままでもおいしくいただけるのでアウトドア料理(りょうり)の強い(つよい)味方(みかた)です。カリッと焼い(やい)たフランスパンにマヨネーズで和え(あえ)たツナ缶(かん)をのせていただきましょう。ビールがおいしいですよ!簡単(かんたん)に、スピーディにできます。アウトドア料理(りょうり)としてだけでなく、普段(ふだん)、ちょっとしたお夜食(おやしょく)や、お父さん(おとうさん)のお酒(おさけ)のおつまみにも最高(さいこう)です!ツナ缶(かん)の代わり(かわり)に、サケ缶(かん)でもおいしくできます。パンは、フランスパンの他(ほか)、ライブレッドなどの薄切り(うすぎり)でもいいですね。普通(ふつう)の白い(しろい)食パン(しょくぱん)を焼い(やい)ても、もちろんOK!アウトドア料理(りょうり)では何事(なにごと)もこだわらないことが大切(たいせつ)。臨機応変(りんきおうへん)にある物(もの)でおいしく応用(おうよう)してください。缶詰(かんづめ)をつかったアウトドア料理(りょうり)レシピ ツナ缶(かん)のカナッペ◆材料(ざいりょう)(4人分(にんぶん))・ツナ缶(かん)・・・200g・マヨネーズ・・・適宜(てきぎ)・パセリ・・・少々(しょうしょう)・パン(フランスパン、ライブレッドなど、お好み(おこのみ)のもの)・・・薄切り(うすぎり)4枚(まい)・バター・・・大さじ(おおさじ)2*レモン・・・飾り(かざり)用(よう)適宜(てきぎ)*必要(ひつよう)な調理用(ちょうりよう)具(ぐ)・・・フライパン<つくり方(つくりかた)>◆下ごしらえ(したごしらえ)1.ツナ缶(かん)は缶汁(かんじゅう)を切っ(きっ)て、ほぐし、マヨネーズと刻ん(きざん)だパセリを混ぜ(まぜ)ます。◆調理(ちょうり)2.フライパンにバターを熱し(あつし)、パンをカリッと焼き上げ(やきあげ)ます。*お好み(おこのみ)でニンニクのスライスを加える(くわえる)と風味(ふうみ)がぐんと良く(よく)なります。3.2に1のツナをのせて、いただきます。*飾りつけ(かざりつけ)にレモンの薄切り(うすぎり)を添え(そえ)て、食べる(たべる)ときにレモンの汁(しる)をかけるとさっぱりといただけます。旅行に行く時に空港や銀行で外貨両替するよりもFX口座を使った方が外貨両替手数料がお得になります。

アウトドア 料理 レシピ

アウトドア料理では、缶詰をうまく利用して、手間と時間を省きましょう。ツナ缶はそのままでもおいしくいただけるのでアウトドア料理の強い味方です。カリッと焼いたフランスパンにマヨネーズで和えたツナ缶をのせていただきましょう。ビールがおいしいですよ!

アウトドア 料理 レシピ