×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鶏肉の照り焼き

骨付き(ほねつき)の鶏(にわとり)のモモ肉(ももにく)に、甘辛(あまから)のタレをたっぷり絡め(からめ)て照り焼き(てりやき)にします。鶏肉(けいにく)は、皮目(かわめ)からフォークを刺し(さし)て穴(あな)をあけておくことで、味(あじ)がよくしみ、身(み)が縮ま(ちぢま)ないようにするコツです。ポリ袋(ぽりぶくろ)に鶏肉(けいにく)と調味料(ちょうみりょう)を入れ(いれ)、よくもみ混ぜ(まぜ)て下味(したあじ)をしっかりとつけます。調理(ちょうり)器具(きぐ)は、なべひとつですので、後片付け(あとかたづけ)も簡単(かんたん)です! アウトドア料理(りょうり)のレシピに是非(ぜひ)、加え(くわえ)てください。青空(あおぞら)の下(もと)、ビールがおいしい一品(いっぴん)です。鶏肉(けいにく)をつかったアウトドア料理(りょうり)レシピ 鶏肉(けいにく)の照り焼き(てりやき)◆材料(ざいりょう)(4人分(にんぶん))・鶏(にわとり)モモ肉(ももにく)(骨付き(ほねつき))・・・4本(ほん)☆調味料(ちょうみりょう)・しょうゆ・・・大さじ(おおさじ)4・砂糖(さとう)・・・大さじ(おおさじ)1・みりん・・・大さじ(おおさじ)2・おろししょうが・・・少々(しょうしょう)・酒(さけ)・・・大さじ(おおさじ)3・サラダ油(さらだあぶら)・・・大さじ(おおさじ)1*必要(ひつよう)な調理用(ちょうりよう)具(ぐ)・・・なべ<つくり方(つくりかた)>1.鶏(にわとり)モモ肉(ももにく)(骨付き(ほねつき))は、フォークの先(さき)で皮目(かわめ)をつつき、ところどころに穴(あな)をあけます。味(あじ)がよくしみこみ、身(み)が縮ま(ちぢま)ないようにするコツです。2.1と、☆調味料(ちょうみりょう)(しょうゆ、砂糖(さとう)、みりん、おろししょうが)をポリ袋(ぽりぶくろ)に入れて(いれて)、よくもみ混ぜ(まぜ)て30分(ふん)ほどおき、下味(したあじ)をしっかりとしみこませます。3.なべにサラダ油(さらだあぶら)を熱し(あつし)、2の鶏肉(けいにく)を皮目(かわめ)から入れて(いれて)、うっすらと焦げ目(こげめ)がついたら引っくり返し(ひっくりかえし)て焼き(やき)、余分(よぶん)な油(あぶら)を捨て(すて)ます。4.酒(さけ)をふりかけてぴったりとふたをし、蒸し焼き(むしやき)にします。5.2のつけ汁(じる)を加え(くわえ)て少し(すこし)煮つめ(につめ)て、肉(にく)に絡ませ(からませ)ます。6.お皿(おさら)に盛っ(もっ)ていただきます!*レモンのくし切り(ぎり)を添える(そえる)と彩り(いろどり)も美しく(うつくしく)、さっぱりといただけます。アットコスメで話題の化粧品のトライアルセットを紹介しています。

アウトドア 料理 レシピ

骨付きの鶏のモモ肉に、甘辛のタレをたっぷり絡めて照り焼きにします。鶏肉は、皮目からフォークを刺して穴をあけておくことで、味がよくしみ、身が縮まないようにするコツです。ポリ袋に鶏肉と調味料を入れ、よくもみ混ぜて下味をしっかりとつけます。調理器具は、なべひとつですので、後片付けも簡単です! アウトドア料理のレシピに是非、加えてください。

アウトドア 料理 レシピ